2016年7月3日日曜日

Windowsのアプリケーションをパッケージマネージャで管理する

Windows 10から標準でPackageManagementというパッケージマネージャが含まれるようになりました。

以前から、Chocolateyというサードパーティのパッケージマネージャがあり、そのレポジトリがPackageManagementから利用できます。



Windows 7、8ではPackageManagement PowerShell Modules Previewをインストールすることで利用可能になります。

PowerShellは管理者権限で起動する必要があります。



Chocolateyの有効化
PS > Get-PackageProvider chocolatey


PS > Get-PackageProvider

で一覧にChocolateyがあれば有効化されています。




パッケージの検索
PS > Find-Package 検索ワード





パッケージのインストール
PS > Install-Package パッケージ名





パッケージのアンインストール
PS > Uninstall-Package パッケージ名





インストール済みのパッケージの検索
PS > Get-Package 検索ワード





パッケージのアップデートはインストールコマンドに強制オプションをつけて実行します。
PS > Install-Package パッケージ名 -Force



今のところはインストール済みパッケージの一括アップデートはできないようです。




PackageManagementのコマンド一覧
Get-Command -Module PackageManagement



PackageManagementですが、公式ではパッケージマネージャーマネージャーと言っています。

上記のGet-PackageProviderコマンドでインストールしたものがパッケージマネージャーで、それらを一括で管理しているのがPackageManagementのようです。

0 件のコメント:

コメントを投稿